福祉系の学校とは

福祉系の学校について

福祉系を学べる学校と大学

高齢化社会や障がい者支援が注目される昨今においては、福祉系の仕事に就きたいと考える人が増えています。国家資格が必要な仕事も多いので、資格を取得できれば将来的にも安定した収入が見込めます。専門学校で介護の勉強をすれば、介護士の資格を取得できますし、大学では社会学や心理学などの学部で学べば、社会福祉士などの資格を取得できます。学ぶ学校によって取得できる資格が違ってくるので、何の資格を取得したいかを考えてから、進路を決めるといいでしょう。大学の場合、学部によっては、専門外の学部でも専門科目を履修すれば資格の受験資格が得られることもあるので、履修科目を調べてから受験することをおすすめします。

大学選びで大切なこと

大学を選ぶときは、「なぜこの学校に通いたいか?」を明確にすることが大切です。高等学校までは自分の意志というより様々な学問分野を指定されて学んでいたという感じでした。しかし、大学は受け身ばかりの授業ではありません。自分が新たなことを生み出していく可能性を持っている機関です。自分がよほど好きでないと4年又は2年、専門分野を学ぶのは辛く感じたり、通う意味を考え苦しんでしまいます。学生生活を送っていられるのは本当に貴重な時間です。将来の就職も大事ですが、この大切な時間を自分のやりたいことに使えたら本当に悔いなく過ごせます。

新着情報

↑PAGE TOP